車買い替えと車検

車の買い替えをするときに見るべきポイントの一つとして、車検があります。車を買い換えるときは、大体中古車センターや新車のセンターに行くと思うのですが、そのときに自分が欲しい車に車検が残っているか残っていないかで全然話が違ってきます。

 

もしも車検が残っているのなら、車を購入した時点で車検を受けるとか、書類を検査機関に提出するとといった面倒なことはしなくても問題はありません。車検が残っていると、その期間が長ければ長いほど値段は高くなるのですが、そっちのほうが絶対に得をします。

 

それに、車検が切れるまで乗って、それからまた買い換えるといったスタイルで車に乗っている人もたくさんいます。車検は車の種類や年式によっては10万円以上かかる場合もあります。これは、元の値段が高い車や古い車によくあるパターンです。

 

手間がかかったり、部品を交換する場所が多くなると値段が跳ね上がってしまうのです。軽自動車でも買い替えのときに新規に車検を受けようと思ったら、大体7万円くらいは車体価格に上乗せしなければならないものです。

 

それを考えてみても、新規で車検を受けるよりは車検期間が残っている車を選んだ方が経済的にも楽になりますし、少なくとも車検が切れるまでは経費を節減できます。

 

車庫証明や駐車場の登録にも最初は結構高い金額がかかります。場所や登録の際の駐車場管理会社の規定にもよりますが、少なくとも5万円以上はかかると思ってもいいでしょう。こういったことを踏まえて、車の買い替えの時には残りの車検期間を注意してみるといいでしょう。